都心・三宮再整備 KOBE VISION

PROJECTS

都心に備える8つの軸を実現する様々なプロジェクトが展開されています。

三宮クロススクエア

「三宮クロススクエア」は、神戸の玄関口である三宮駅周辺で目指す、神戸の象徴となる新しい駅前空間「えき≈まち空間」の核となる取り組みです。三宮交差点を中心に税関線(フラワーロード)と中央幹線の一部において「人と公共交通優先の空間」を創出することで、「えき」と周辺の「まち」をつなぐとともに、日常的なにぎわいを生み出します。
今後、段階的な整備を予定しており、まずは2025年頃の第1段階の完成を目指しています。

  • 景観
    景観
  • にぎわい
    にぎわい
  • 防災
    防災
  • 交通
    交通
三宮クロススクエア

新たなバスターミナル

三宮駅周辺では6箇所に分散したバス乗降場から1日当たり約1,700便の中・長距離バスが発着しており、これらを集約する西日本最大級の新たなバスターミナルを再整備ビル内に整備します。その他にも、文化・芸術や高規格な業務、宿泊など多様な機能の集積を図り、デザイン性の高いビルを目指します。今後、段階的な整備を予定しており、Ⅰ期(雲井通5丁目地区)は、再開発会社による市街地再開発事業により、2026年度頃の供用開始を目指しています。

  • にぎわい
    にぎわい
  • 産業
    産業
  • 交通
    交通
新たなバスターミナル

三宮駅周辺歩行者デッキ

「えき≈まち空間」の実現のために、地上レベルの広場空間「三宮クロススクエア」に加えて、乗換動線の改善・拡充、新たなバスターミナル周辺でのバスと歩行者の分離、「えき」と「まち」をつなぐ歩行者の回遊性の向上を目的とした歩行者デッキを整備します。この歩行者デッキの完成時期は、ミント神戸の東側と西側で異なっており、東側については、新たなバスターミナルと同時期である2026年度頃供用開始予定です。西側については、JR三ノ宮駅新駅ビルとあわせての供用開始予定になります。

  • 景観
    景観
  • 生活・居住
    生活・居住
  • 交通
    交通
三宮駅周辺歩行者デッキ

神戸三宮阪急ビル・サンキタエリア

「旧神戸阪急ビル東館」は、1936年3月に阪急神戸線の延伸に合わせて誕生し、長く三宮のシンボルとして親しまれてきましたが、1995年の阪神淡路大震災により被災し、暫定的な駅ビルとして営業を続けていました。その後建替工事に着手し、地下鉄三宮駅との連絡を円滑にするとともに、低層部は旧ビルのデザインを再生、最上階に展望フロアを持つ高さ120mのビルに生まれ変わります。名称を「神戸三宮阪急ビル」に改め、2021年4月26日に新たなランドマークとして開業します。

  • にぎわい
    にぎわい
  • 産業
    産業
  • 交通
    交通
神戸三宮阪急ビル

葺合南54号線

「葺合南54号線」の整備は、道路を貴重な公共空間ととらえ、利用状況に見合った整備を行う「道路のリデザイン」の取り組みです。都心部からウォーターフロントへ誘う道として、車線や停車帯を減らし、新たに生み出した空間を人優先に再配分するなど、車中心から人中心の道路に生まれ変わりました。また、平成28年度の整備区間は、様々なタイプのベンチや美しい花壇の配置などにより、多くの人が利用する憩いやにぎわいの空間となっています。

  • にぎわい
    にぎわい
  • 交通
    交通
葺合南54号線

市役所本庁舎2号館

本庁舎2号館は、建築から60年以上が経過し、老朽化が進んでいることや、阪神・淡路大震災の被害を受けていることなどから、建替えに向けた準備を進めています。三宮駅周辺からウォーターフロント、旧居留地等における回遊性を向上させるため、本庁舎としての必要な機能を確保しながら、市民や来街者に向けて、神戸らしい魅力的な文化や都市景観等を発信するとともに、周辺のまちづくりの活性化を牽引する、シンボリックな空間の整備を図ります。

  • 景観
    景観
  • にぎわい
    にぎわい
市役所本庁舎2号館

中央区役所・中央区文化センター(仮称)

老朽化が進む中央区役所と文化活動の場である勤労会館・葺合文化センター・生田文化会館の機能の一部を集約し市役所3号館跡地に移転します。区役所サービスに関して、ICTなどを活用して簡単・便利に手続きができるようになるほか、相談業務の対応をこれまで以上に充実させていきます。また、行政サービスの提供だけでなく地域活動や芸術文化活動を支援し、誰もが利用しやすく、にぎわいを生み出す施設として整備します。2022年度前半完成を目指します。

  • にぎわい
    にぎわい
  • 生活・居住
    生活・居住
  • 防災
    防災
  • 環境・エネルギー
    環境・エネルギー
中央区総合庁舎

東遊園地再整備

「東遊園地」の再整備は、公園などの公共空間を有効活用する取り組みのひとつです。都心の貴重な緑のオープンスペースとして、さらなる日常的なにぎわいや利活用の創出に向けて、これまで芝生化やアーバンピクニックなどの社会実験を実施し、その他にもファーマーズマーケットを開催するなど、多くの人が訪れ楽しむことができる取り組みを進めてきました。神戸への愛着が育つような、美しく都心を彩る公園へと再整備を進めています。東遊園地全体の整備完工は2023年秋頃を予定しています。

  • 景観
    景観
  • にぎわい
    にぎわい
  • 観光・文化
    観光・文化
東遊園地再整備

税関前歩道橋

都心三宮とウォーターフロント、東遊園地とみなとのもり公園をつなぐ人の流れに合わせたなめらかな道のライン、ケーブルが織りなす構造美と、歩きながら・たたずみながら見る神戸らしい風景により「渡りたくなる歩道橋」を演出します。東遊園地から繋がる緩やかなスロープ等により誰もが歩きやすく、新たな神戸を感じる税関前歩道橋は2023年夏完成予定です。

  • 景観
    景観
  • 交通
    交通
税関前歩道橋

ウォーターフロント

新港第1突堤基部では、新たな魅力と活力ある都心・ウォーターフロントの創出に向け、文化・集客・業務・商業・住機能等の整備・運営を自ら実施する事業者を2017 年に決定、現在各施設の建築工事が進められています。2021年1月のフェリシモ本社棟の操業を皮切りに,4月には海外ブランド車のショールームが入るGLION グループのビルが開業し、10月にはアクアリウムなどが入る神戸ポートミュージアムの開業が予定されるなど、各施設の開業が順次進められています。
新港突堤西地区の中でも眺望景観に優れる新港第2突堤においては、2024年に1万人収容可能な大規模多目的アリーナが開業予定。
また、これまで神戸開港150年を契機に、メリケンパークのリニューアルや神戸海洋博物館のリニューアルに取り組んできた中突堤周辺地区では、みなと神戸を代表するシンボルの神戸ポートタワーのリニューアル工事を、令和3年秋頃より着手する予定です。

  • にぎわい
    にぎわい
  • 産業
    産業
  • 観光・文化
    観光・文化
ウォーターフロント

連節バス

【都心・ウォーターフロントの連節バス運行】都心や新港町等のウォーターフロントでの再開発も進み、公共交通の充実が求められており、これらのエリアを訪れる全ての人が、快適に楽しみながら移動できる環境を創っていくため、新たな公共交通システムの導入について検討しています。その検討の一環として、令和3年度から新たに連節バスの運行を開始します。連節バスの運行による来訪の増加やまちの変化を見据えながら、引き続き、新たな公共交通システムの導入について検討を進めていきます。

  • 交通
    交通
連節バス

磯上公園内新体育館

中央区内にある勤労会館の体育館・トレーニング室と生田文化会館の体育室を一体化した施設として、磯上公園内に新しく体育館を整備します。2022年夏の供用開始を予定しています。

  • にぎわい
    にぎわい
磯上公園内新体育館

鯉川筋

元町駅からウォーターフロントへの移動の「要」となる鯉川筋においては、歩行者が行き来しやすく、また、人々が集い、憩えるシンボリックな回遊拠点を形成するため、歩行者空間の拡充を段階的に行っていきます。平成26年11月に交通社会実験を実施し、以後具体的な整備デザインの検討及び関係機関との協議を行って、このたび、令和2年9月より元町通1交差点~栄町通1交差点(200m間)について西側歩道の拡幅工事に着手、令和3年3月完成しました。

  • 景観
    景観
  • にぎわい
    にぎわい
  • 交通
    交通
鯉川筋

三宮プラッツ

三宮プラッツは、南北の都市軸であり旧居留地を横断する京町筋と神戸の都心三宮と元町を繋ぐ三宮中央通りの結節点に位置し、地上と地下を繋ぐ半地下屋外広場です。 本市では、都心の公共空間を活用した「憩い」や「賑わい」の創出に取り組んでいます。
都心の要所に位置する三宮プラッツでは、新たな魅力スポットとなるよう、音楽ライブやカフェなどの賑わいモデル事業を行っております。

  • にぎわい
    にぎわい
三宮プラッツ

KOBEパークレット

「パークレット」は、サンフランシスコ(アメリカ)が発祥と言われ、道路上の余剰空間を公共空間に変えていくプロジェクトの一環で、クイーンズタウン(ニュージーランド)やハノーファー(ドイツ)など世界中に広がりを見せています。三宮中央通りの車道の一部を利用した設置は日本初の取り組みで、ウッドデッキの休憩施設では、読書や食事など自由に使うことができ、憩いやにぎわいの空間となっています。現在、4基設置されています。

  • にぎわい
    にぎわい
KOBEパークレット

JR元町駅前まちなか拠点

「元町駅前まちなか拠点」は、道路を貴重な公共空間ととらえ、利用状況に見合った整備を行う「道路のリデザイン」の取り組みです。旧居留地や南京町、メリケンパークなどのウォーターフロントへの玄関口であり、多くの人が利用するJR元町駅東口に新たな待ち合わせスポットとして平成29年に整備しました。特徴的な階段状のベンチは、「六甲の稜線」と「みなとの泊(とまり)」を模しており、神戸大学の学生グループの提案によるものです。

  • 景観
    景観
  • にぎわい
    にぎわい
JR元町駅前まちなか拠点

新神戸駅前広場再整備

JR新神戸駅は、市内で唯一の新幹線駅で、広域的な交通における神戸の玄関口であるとともに、地下鉄やバス・タクシー等の公共交通の重要な交通結節点となっています。
新神戸駅前広場については、「公共交通の利便性向上」や「周辺エリアへの歩行者動線の改善」、「玄関口としてふさわしい空間の創出」を目的に、公共交通(バス、タクシー)の乗降場所の集約や歩行者動線の結節点の整備、神戸らしさを感じられるシンボル空間の整備等を行います。
令和7年度に開催される大阪・関西万博に向けて整備していきます。

  • 景観
    景観
  • 生活・居住
    生活・居住
  • 交通
    交通
新神戸駅前広場再整備

都市再生緊急整備地域拡大検討

令和3年3月17日に、神戸三宮駅周辺・臨海地域における都市再生緊急整備地域の拡大検討に向けて、内閣府より、「都市再生緊急整備地域の候補となる地域」(候補地域の名称:(仮称)神戸都心地域)が公表されました。公表を受けて、本市では、都市開発の機運醸成を図るため、国、兵庫県、民間事業者とともに「(仮称)神戸都心地域都市再生緊急整備地域準備協議会」を立ち上げました。準備協議会において、地域の拡大に向けて必要な検討を行います。

  • 景観
    景観
  • にぎわい
    にぎわい
  • 生活・居住
    生活・居住
  • 産業
    産業
  • 観光・文化
    観光・文化
  • 防災
    防災
  • 環境・エネルギー
    環境・エネルギー
  • 交通
    交通
都市再生緊急整備地域拡大検討