News お知らせ

2016.06.15

東遊園地に芝生広場とにぎわい空間が現る!

東遊園地は都心の貴重なオープンスペースとして親しまれていますが、平成27年度策定の「神戸の都心の未来の姿【将来ビジョン】」においては、さらなるにぎわいや利活用の創出の場として位置づけられるなど、都心活性化や回遊性向上の拠点としての役割が期待されています。
神戸市では東遊園地のにぎわい創出に向け、グラウンド部分での芝生化実証実験と芝生広場を活用した公園の魅力を高めるプログラムを展開します。
また、東遊園地再整備検討委員会を新たに立ち上げ、さらなる活性化に向けた再整備のあり方について検討していきます。

<芝生化実証実験>
20160614300201-03
グラウンド部分(約2,500m²)に様々な種類の芝生を設置します。
・スケジュール
6月25日~ 芝生広場一部開放(約500平米)、それ以外の区域は養生
7月下旬~  芝生広場全面開放(約2500平米)

<公園の魅力を高めるプログラム ~アーバンピクニック~>
20160614300201-02
1.情報交流拠点、カフェの設置

芝生広場とパフォーマンス広場をつなぐ位置にシェイド(日陰)やベンチなどを備えた空間をつくり、
スタッフが常駐することで人々やグループ間の交流を促す結節点となる情報交流拠点を設置します。
また、公園でゆったり滞在していただくために、美味しいコーヒーやワイン、軽食などを提供するカフェを併設します。
6月25日の芝生広場一部開放に合わせてオープンし11月上旬まで設置する予定です。
(午前11時から午後7時 季節曜日によって変更あり)

2.アウトドアライブラリー
一人一冊本を寄贈していただいて公園に屋外図書館をつくる「アウトドアライブラリー」を開設します。さわやかな風を感じながら、本を片手に芝生に寝そべり、ゆったりと読書を楽しんだり、語り合ったりできる空間です。開設は6月25日から11月上旬を予定。

3.フォーラム等の開催
情報交流拠点において、パブリックスペースや都心空間、循環社会づくりなどを題材に、フォーラムを開催します。また事業者以外が主催となる同様なテーマのセミナーなども実施し、市民・学生の発信拠点として、都心における知の結節点となる場を創出します。開催は6月下旬から11月上旬までのうち複数回を予定。

4.プログラムの公募・実施
公園の新しい使い方、楽しみ方を発掘するため、東遊園地にふさわしいプログラムを広く公募し、文化、芸術、健康、子育て支援等幅広いジャンルのプログラムを実施します。6月下旬より公募開始予定。
(想定プログラム例) 青空ヨガ、スケッチ教室、楽器体験、こどもクラブ 等

※各事業の実施内容・応募等の詳細は事業者のHPにて

詳細はこちらをご覧ください。
http://urbanpicnic.jp/

都心・三宮に、緑に囲まれた素晴らしい空間が出来ます。
動き出した東遊園地、この機会に是非利活用ください!!

■詳しくは、下記URLよりご覧ください。(記者資料提供)
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2016/06/20160614300201.html

1000smile募集